通勤ライダーの小さな旅 with アクシスZ

ヤマハの原付二種スクーター「アクシスZ」と共に日々を旅する

終売との噂から急遽、グレイのアクシスZを注文

2021年9月25日。原付二種以上へのABS(アンチロック・ブレーキ・システム)は遅延なく行われるようだと聞かされる。そして、ABSを搭載するよう改良を施していない機種は販売終了となるのではないかと。

「えっ? わし(が買おうとしているところ)のアクシスZも…」

 アクシスZの赤いのが再販されたら買おうと思っていたのだ。アクシスZはそういう巡り合わせを待っていてもいいだけの長寿機種になるのだろうと思ってもいた。

 しかし、ABS必須化で消える可能性があるとは、アクシスZよ、お前はそんな弱い奴だったのか……。

 ならば、保護せねばならぬ。現行色はベストではないが、買っておかねばならぬ。べつにアクシスZが嫌いなわけではないのだもの。

 ということで、夜中に購入の意思を固めた。色はグレイだ。ヨーロッパ人が好みそうな地味な色がいい(私はヨーロッパ人を誤解しているとは思う)。

 翌、9月26日、電話でバイク屋にグレイのアクシスZをまだ購入できそうか打診。

 さらにその翌日である9月27日に購入可能との連絡を受け、見積もりをもらい、注文した。

 倉庫から現物がバイク屋に届くのは10月3日。納品日は2021年10月16日。けっこう初期整備とかしやがるなと思ったし、見積もりの金額も安くはならなかったので、ちょっと残念だが、近所のバイク屋は親切だし、修理などの技術があるので許す。

 オプション品は私のほうが詳しいので、Amazonで注文し、持ち込みでつけてもらうことになった。施工費は別途。ま、そういうもんだろう。納車が楽しみだ。

 

f:id:mishimane:20211005154130p:plain

アクシスZ(出典:ヤマハ ホームページ)